食品ロスを考える FURIFURU(フリフル)

ニュース

©2021 FURIFURU

Instagram facebook twitter

今話題の「ChatGPT」に規格外野菜の解決方法など色々聞いてみた!!

2023.01.24
規格外野菜

こんにちは、フリフルの坂口です。

今話題のChatGPTでフリフル が取り組んでいる「規格外野菜」について聞いてみました!

使ってみてびっくり、どこでそんな知識を叩き込んだのかと超絶驚きました。

たくさんのアドバイスをいただきましたのでぜひ、現時点でのやりとりご覧ください。

また今度どう進化したのか1ヶ月後あたりに試してみたいと思います^^

 

1、規格外野菜とは?

「規格外野菜」とは、一般的に商品の基準となる規格に適合しない、形状や大きさが異なる野菜のことを指します。規格に適合しないため、市場での需要が少なく、農家から取引先に売りにくいため、捨てられることが多いです。

一方で、規格外野菜は、通常の野菜と同じように栄養価が高く、健康に良いものが多いです。しかし、規格外野菜は、一般的には、スーパーマーケットや大型スーパーなどでは取り扱われていないため、買う選択肢が限られます。

 

2、どこで規格外野菜は買える?

規格外野菜は、一般的にはスーパーマーケットや大型スーパーなどでは取り扱われていないため、買う選択肢が限られます。

そのため、規格外野菜は、地元の農産物直売所や市場、農家直売所、小売店、飲食店などで購入することができます。

また、現在はインターネットを通じて、規格外野菜を購入することができるオンラインショップも増えています。これらの方法を使用すれば、規格外野菜を購入することができます。

 

3、規格外野菜をなくすには

規格外野菜をなくすためには、消費者に対して意識を高めることが重要です。規格外野菜は、一般的な消費者にとって、選ぶ選択肢としては選ばれにくいため、市場に出回らないことが多いです。

一つの方法は、規格外野菜を消費者に紹介することです。これには、規格外野菜のレシピや料理のアイデアを紹介する、規格外野菜を使った料理の展示会を開催するなどがあります。

また、規格外野菜を生産する農家や農協などによる、規格外野菜のブランディング活動も有効です。これにより、規格外野菜が一般的な消費者にとっての魅力的な選択肢になり、市場に出回りやすくなります。

結論として、規格外野菜をなくすためには、消費者に対して意識を高め、市場に出回らせることが重要です。

4、どうやって消費者に対して意識を高めてもらうことができる?

消費者に対して意識を高めるためには、複数の方法があります。

  1. 広告や宣伝: 規格外野菜に関する広告や宣伝を行うことで、消費者に対して規格外野菜についての知識を提供し、興味を持ってもらえるようにすることができます。
  2. オンラインプラットフォーム: SNSやブログなどのオンラインプラットフォームを使って、規格外野菜についての情報を発信することで、消費者に対して規格外野菜についての情報を提供することができます。
  3. 展示会やイベント: 規格外野菜を使った料理の展示会やイベントを開催することで、消費者に対して規格外野菜を実際に体験してもらうことができます。
  4. エデュケーション: 消費者に対して、規格外野菜についての正しい知識を提供し、規格外野菜が持つメリットについて説明することで、消費者に対して意識を高めることができます。

5. 公益活動: 規格外野菜を使った公益活動を行うことで、消費者に対して社会貢献についての知識を提供し、規格外野菜を買うことが社会に貢献することを伝えることができます。

5、規格外野菜をもっとポジティブな言葉にできないか?

規格外野菜に対して、よりポジティブな言葉を使用することは、消費者に対して規格外野菜に対しての関心を高めるために有効です。

例えば、「規格外野菜」を「独創的な形状の野菜」や「ユニークな形の野菜」、「自然な形の野菜」、「オリジナルの野菜」など、肯定的な言葉で表現することができます。

また、規格外野菜は、より多様性を持つ食生活を楽しむことができる、新しい発見や体験ができる、独特な味や香りを持つなど、肯定的な特徴を持っているので、それをアピールすることも有効です。

これらの言葉を使用することで、消費者に対して、規格外野菜が持つ魅力を引き出すことができ、規格外野菜を選ぶ選択肢として考えてもらえるようになります。

 

6、規格外野菜のデメリットは?

規格外野菜には、以下のようなデメリットがあります。

  1. 市場需要が少ない: 規格外野菜は一般的な消費者にとっての選ぶ選択肢としては選ばれにくいため、市場に出回らないことが多いです。
  2. 収穫量が少ない: 規格に適合しないため、収穫量が少なくなり、農家にとっても収益が減少します。
  3. 廃棄が多い: 規格に適合しないため、農家から取引先に売りにくいため、捨てられることが多いです。
  4. 配送に時間がかかる: 規格外野菜は、一般的にはスーパーマーケットや大型スーパーなどでは取り扱われていないため、買う選択肢が限られ、配送に時間がかかることがあります。

ただし、規格外野菜は、通常の野菜と同じように栄養価が高く、健康に良いものが多いです。そのため、規格外野菜を取り入れることで、食生活の多様性を持つことができます。

============================================

理解度すごかったですね笑

以上、「ChatGPTに聞いてみた」でした!!

また続編書きます🎵

一覧に戻る